💎 💎 💎 💎 💎 💎
🌟 īŧ•īŧ™č¨˜äē‹į›Ž 🌟
🌕 ã‚ŋイトãƒĢ 🌕
ごč‡Ēį”ąãĢおうぞ☆åŊĄ
💎 💎 💎 💎 💎 💎

イキイキとį”Ÿãã‚‹æ¯Žæ—ĨãĢ
ありがとうございぞす(īšĄË†á´—ˆīšĄ)

そんãĒæ—Ĩ々を過ごしたい
そんãĒį›ŽãŽå‰ãŽã‚ãĒたãĢ

į§ãŒåš¸ã›ãĒ望むäēēį”Ÿã‚’
手ãĢå…ĨれることãĢãĒãŖた

嚸せぎ教えぎ数々を
ごį´šäģ‹ã•ã›ãĻいただきぞすね☆

あãĒたぎ
嚸せを感じるåŋƒã‚’手ãĢå…Ĩれる

お手äŧã„がå‡ēæĨるäē‹ãŒ
とãĻもåŦ‰ã—いです☆

では

ぞず大前提とさせãĻ
いただくぎはãƒģãƒģ

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

č¨€č‘‰ã¯åŠ›ã§ã™

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

言葉äŊŋいは

č‡Ē分č‡ĒčēĢぎäēēį”ŸãŽäēˆå‘Šã¨ãĒるかぎようãĢ

明æ—Ĩぎč‡Ē分をつくりぞす。

あãĒたぎåŖからぎ
あãĒたぎæƒŗいからぎ

č¨€éœŠã¯

あãĒたがæœĒæĨãĢč¨€ã†ã“ã¨ãĢ
ãĒãŖãĻいるんですよ☆

だからこそįŦ‘éĄ”ã§

äģŠæ—Ĩも元気ãĢãĒã‚‹č¨€č‘‰ã‚’į™ēしãĻ

æĨŊしく愉åŋĢãĢすごしぞしょうâ™ŦīŊĄ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

『 æœŦæ—ĨãŽč¨€éœŠã‹ã‚‰ 』

į”ˇåĨŗぎ恋ぎæąēįŽ—書は

あくぞでフã‚Ŗフテã‚Ŗãƒģフã‚Ŗフテã‚Ŗ

į€Ŧæˆ¸å†…å¯‚č´ã•ã‚“ãŽč¨€éœŠã§ã™(❁´∀`❁)

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

では
æœŦæ—Ĩぎ嚸せぎ教えです(❁´∀`❁)

『åŧ•å¯„せぎæŗ•å‰‡ãƒģãƒģ』

į§ã¯
厌į’§ãĒåĨåēˇã‚’望ãŋ
åŋƒåœ°ã‚ˆãã‚りたい

į§ã¯
åŋƒåœ°ã‚ˆã„č‡Ē分ぎčēĢäŊ“ã‚’æĨŊしむ

čēĢäŊ“ãĢついãĻ
åŋƒåœ°ã‚ˆã
明るい思いå‡ēがたくさんある。

たくさんぎ
åĨやかãĒäēēãŸãĄã¨å‡ēäŧšã„、

そぎäēēãŸãĄãŒ
åŋƒåœ°ã‚ˆã„からだを
æĨŊしんでいるさぞをįœēめる

ã“ã†ã„ã†ã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãĻいると
åŋƒåœ°ã‚ˆã„

ã“ã†ã„ã†č€ƒãˆã¯
åĨåēˇãĒčēĢäŊ“ãĢ
よくčĒŋ和しãĻいく。

į§ã¯
įĩŒæ¸ˆįš„ãĒįšæ „を望む

こぎį´ æ™´ã‚‰ã—い世į•ŒãĢは、
æĨŊしくãĻ
į´ æ™´ã‚‰ã—いことが
æ˛ĸåąąã‚ã‚Š

įĩŒæ¸ˆįš„ãĒįšæ „は、
そんãĒæĨŊしいことへぎ扉を開いãĻくれる。

åŧ•ãå¯„せぎæŗ•å‰‡ã¯ã€
æ€č€ƒãĢåŋœã˜ãĻ働くから

įšæ „というč‡Ēåˆ†ãŽæ€č€ƒãĢ
įĩŒæ¸ˆįš„įšæ „ぎæĩã‚ŒãŒåˆč‡´ã™ã‚‹ãŽã¯
æ™‚é–“ãŽå•éĄŒã§ã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’åŋƒåž—ãĻ、

į§ã¯
原įžå¯čƒŊãĒčąŠã‹ã•ãĢ
しãŖかりとį„Ļį‚šã‚’合わせる

åŧ•ãå¯„せぎæŗ•å‰‡ãĢよãŖãĻ、
é–ĸåŋƒãŽå¯žčąĄãŒåŧ•ãå¯„せられるから

į§ã¯čąŠã‹ã•ã‚’選ãļ

į§ã¯
į´ æ™´ã‚‰ã—いäēē間é–ĸäŋ‚を望む

į§ã¯ã€
äēēæŸ„ãŒč‰¯ããĻ
čŗĸくãĻ
æĨŊしくãĻ
エネãƒĢã‚Žãƒƒã‚ˇãƒĨで
åˆēæŋ€įš„ãĒäēēãŸãĄã¨ãŽ
äē¤æĩã‚’æĨŊしãŋ、

こぎ地įƒãĢは
そういうäēēãŸãĄãŒæ˛ĸåąąã„ã‚‹ã“ã¨ã‚’
うれしく思う。

į§ã¯
大å‹ĸãŽčˆˆå‘ŗæˇąã„äēēãŸãĄãĢå‡ēäŧšãŖãĻきたし
å‡ēäŧšã†äēēãŸãĄãŽ
魅力įš„ãĒ性æ ŧをįŸĨるぎが大åĨŊきだ。

į§ã¯
こぎå„Ēã‚ŒãŸå…ąåŒå‰ĩ造ぎ時を愛しãĻいる

į§ã¯
č‡Ē分とčĒŋ和したもぎをåŧ•ãå¯„せることを望む。

åŧ•ãå¯„せぎæŗ•å‰‡ã¯
į´ æ™´ã‚‰ã—いと思うし

č‡Ē分がåŋƒåœ°ã‚ˆã„時ãĢは
åŋƒåœ°ã‚ˆã„もぎだけがåŧ•ãå¯„せられãĻくることを
įŸĨãŖãĻいるぎで
厉らかだ。

į§ã¯
į´”į˛‹ã§å‰å‘きãĒエネãƒĢã‚Žãƒŧだ

į§ã¯
į´”į˛‹ã§å‰å‘きãĒã‚Ŋãƒŧã‚šãĢå‡ēäŧšã†ãŸã‚ãĢ

ã€Œæ„Ÿæƒ…ã¨ã„ã†ãƒŠãƒ“ã‚˛ãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ã€ã‚’
æĨŊしんでæ´ģį”¨ã™ã‚‹ã€‚

į§ã¯
æˆé•ˇã—ãŸã„ã¨éĄ˜ã†å­˜åœ¨ã§ã‚ã‚Šã€
æˆé•ˇã¨æ‹Ąå¤§ãŒã€
č‡Ēį„ļだし
とãĻもæĨŊしい。

č‡Ē分が選択さえすれば

į§ã¯
いつでも
喜ãŗをäŊ“験することがå‡ēæĨる。

「åŧ•ãå¯„せぎæŗ•å‰‡ã€ã‚ˆã‚Š

そしãĻ、
こうįļšã„ãĻいぞした。

「įš°ã‚Ščŋ”し、įš°ã‚Ščŋ”し、
åŋƒåœ°ã‚ˆã„č¨€č‘‰ã‚’
åŖãĢすること。

すればするãģお
æŗĸ動はį´”į˛‹ãĢãĒり、
įŸ›į›žã¯å°‘ãĒくãĒる。

間もãĒく
į§ãŸãĄãŽä¸–į•Œã¯
č¨€č‘‰é€šã‚ŠãŽã“ã¨ã§
æē€ãĄæēĸれることだろう。」

だから、

ã€Œč¨€č‘‰ãŽãĄã‹ã‚‰ã€ã‚’äŋĄã˜ãĻãƒģãƒģ

äģŠæ—Ĩも、

大丈å¤Ģīŧå¤§ä¸ˆå¤Ģīŧ

あらゆるį‚šã§

ä¸€åą¤č‰¯ããĒるãƒģãƒģ

åŋ…ãšč‰¯ããĒるãƒģãƒģ

ã€Œč‰¯ã‹ãŖたīŧã€

「ツイãĻるīŧãƒ„イãĻるīŧã€

「ありがとうīŧã€

į´ æ™´ã‚‰ã—いäģ˛é–“達と

å…ąãĢį”Ÿãīŧīŧ

å…ąãĢæ­Šãŋīŧīŧ

å…ąãĢæˆé•ˇã—ã‚ˆã†īŧīŧ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

いつもåŋƒãĢåˆģんで

いつもåŋƒãŽįœŸã‚“中ãĢįŊŽã„ãĻ

いつもそばãĢいãĻくれる

大切ãĒč¨€éœŠã•ã‚“ã§ã™īŧ

すずãĻはうぞくいãŖãĻいぞすīŧ

čĒ­ã‚“でいただいãĻ
ありがとうございぞす(*´◡`*)