💎 💎 💎 💎 💎 💎
🌟 īŧ•īŧ˜č¨˜äē‹į›Ž 🌟
🌕 ã‚ŋイトãƒĢ 🌕
ごč‡Ēį”ąãĢおうぞ☆åŊĄ
💎 💎 💎 💎 💎 💎

イキイキとį”Ÿãã‚‹æ¯Žæ—ĨãĢ
ありがとうございぞす(īšĄË†á´—ˆīšĄ)

そんãĒæ—Ĩ々を過ごしたい
そんãĒį›ŽãŽå‰ãŽã‚ãĒたãĢ

į§ãŒåš¸ã›ãĒ望むäēēį”Ÿã‚’
手ãĢå…ĨれることãĢãĒãŖた

嚸せぎ教えぎ数々を
ごį´šäģ‹ã•ã›ãĻいただきぞすね☆

あãĒたぎ
嚸せを感じるåŋƒã‚’手ãĢå…Ĩれる

お手äŧã„がå‡ēæĨるäē‹ãŒ
とãĻもåŦ‰ã—いです☆

では

ぞず大前提とさせãĻ
いただくぎはãƒģãƒģ

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

č¨€č‘‰ã¯åŠ›ã§ã™

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

言葉äŊŋいは

č‡Ē分č‡ĒčēĢぎäēēį”ŸãŽäēˆå‘Šã¨ãĒるかぎようãĢ

明æ—Ĩぎč‡Ē分をつくりぞす。

あãĒたぎåŖからぎ
あãĒたぎæƒŗいからぎ

č¨€éœŠã¯

あãĒたがæœĒæĨãĢč¨€ã†ã“ã¨ãĢ
ãĒãŖãĻいるんですよ☆

だからこそįŦ‘éĄ”ã§

äģŠæ—Ĩも元気ãĢãĒã‚‹č¨€č‘‰ã‚’į™ēしãĻ

æĨŊしく愉åŋĢãĢすごしぞしょうâ™ŦīŊĄ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

『 æœŦæ—ĨãŽč¨€éœŠã‹ã‚‰ 』

äēēとつきあうぎãĢ

į§˜č¨Ŗがあるとすれば

ãã‚Œã¯ãžãšã“ãĄã‚‰ãŒ

į›¸æ‰‹ã‚’åĨŊきãĢãĒãŖãĻしぞう
ことではãĒいでしょうか。

į€Ŧæˆ¸å†…å¯‚č´ã•ã‚“ãŽč¨€éœŠã§ã™(❁´∀`❁)

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

では
æœŦæ—Ĩぎ嚸せぎ教えです(❁´∀`❁)

『čŗĒをéĢ˜ã‚ã‚‹ãƒģãƒģ』

æŦĄãŽč¨€č‘‰ã¯
吉野åŽļホãƒŧãƒĢデã‚Ŗãƒŗã‚°ã‚šį¤žé•ˇã€
厉部äŋŽäģæ°ãŽč¨€č‘‰ã§ã™ã€‚

「時間数をこãĒしたäēēが、
成果をå‡ēしãĻいるとはãŖãã‚Šč¨€ãˆã‚‹ã€

吉野åŽļãĢおける厉部氏ぎキãƒŖãƒĒã‚ĸ゚テップは、
ぞさãĢã‚ĩクã‚ģ゚゚トãƒŧãƒĒãƒŧです。

もともとはã‚ĸãƒĢバイトとしãĻ吉野åŽļで働き始め、
そぎぞぞå…Ĩį¤žã€‚
äšåˇžåœ°åŒēæœŦéƒ¨é•ˇãžã§æ˜‡é€˛ã—ãžã™ãŒã€
īŧ˜īŧåš´ãĢãĒんと同į¤žå€’į”Ŗというč‹ĻいįĩŒé¨“をしぞす。

そぎ垌ã‚ģã‚žãƒŗグãƒĢãƒŧプぎå‡ēčŗ‡ãĢより再åģēされた吉野åŽļで、
īŧ˜īŧ˜åš´ãĢ常務取įˇ åŊšãĢå°ąäģģ。

そしãĻ、
ついãĢīŧ™īŧ‘åš´ãĢは、
åŊ“時īŧ”īŧ’æ­ŗというč‹ĨさでäģŖčĄ¨å–įˇ åŊšį¤žé•ˇãĢå°ąããžã—ãŸã€‚

「ã‚ĸãƒĢバイトからぎ及き上げでį¤žé•ˇã€ã¨ã„う、
æąč¨ŧ一部上場äŧæĨ­ã§ã¯
非常ãĢį¨€ãĒã‚ĩクã‚ģ゚゚トãƒŧãƒĒãƒŧをäŊ“įžã—た
åŽ‰éƒ¨æ°ãŽã“ãŽč¨€č‘‰ãĢは、
圧倒įš„ãĒčĒŦ垗力と重ãŋを感じぞす。

「čŗĒ」と「量」─。

ã“ãŽãŠãĄã‚‰ã‚’å„Ē先するぎかというぎは、
様々ãĒå ´éĸã§č­°čĢ–が分かれるところですが、

į§č‡ĒčēĢぎįĩŒé¨“ã‹ã‚‰č¨€ã‚ã›ãĻもらうと、

最初ãĢåŋ…čĻãĒぎは
įĩļ寞įš„ãĒã€Œé‡ã€ã ã¨č€ƒãˆãĻいぞす。

įĩļ寞įš„ãĒ「量」ぎįĩŒé¨“ãĒくしãĻ、
「čŗĒ」をéĢ˜ã‚ãĻいく゚テãƒŧジãĢは、
ãĒかãĒかįĢ‹ãĻãĒいと思ãŖãĻいぞす。

į§ã¯ã‚ģãƒŧãƒĢã‚šã¨č¨€ã†ä¸–į•Œã§
それãĒã‚ŠãŽč¨˜éŒ˛ã‚’ã¤ãã‚‰ã›ãĻ頂きぞした。

しかし、
æ•°ã€…ãŽč¨˜éŒ˛ãŽä¸­ã§ãŽ
į§ãŽæœ€å¤§ãŽč‡Ēæ…ĸとčĒ‡ã‚Šã¯

「おåŽĸ様より頂いた
数多くぎåĨ‘į´„äģļ数ではãĒく、

そぎåĨ‘į´„äģļ数を
éĨかãĢしぎぐ
断られた数をãƒģãƒģ
č¨˜éŒ˛ã‚’ãƒģãƒģ
持ãŖãĻいる」ことです。

č†¨å¤§ãĒ断られたäģļ数ぎ中から
一つ一つįŠãŋ上げãĻいãŖたåĨ‘į´„が

įĩæžœã¨ã—ãĻ
å¤§č¨˜éŒ˛ã‚’ã¤ããŖたことをåŋ˜ã‚Œãžã›ã‚“。

ã“ãŽč†¨å¤§ãĒ
断られたäŊ“験とįĩŒé¨“が
čĄ€ã¨ãĒり、
č‚‰ã¨ãĒãŖãĻ

『čŗĒ』をéĢ˜ã‚ã€
č¨˜éŒ˛ã‚’ã¤ãã‚Šã‚ã’ãĻくれたぎです。

åŋ…æ­ģで
äģ•äē‹ãŽé‡ã‚’こãĒすことãĢよãŖãĻ、
劚įŽ‡ã‚’上げるã‚ŗツがčĻ‹ã¤ã‹ã‚‹ãŽã§ã™ã€‚

ぞた、
そぎįĩŒé¨“が
「『量』ではčĒ°ãĢã‚‚č˛ ã‘ãĒいīŧã€ã¨ã„う
įĩļ寞įš„ãĒč‡ĒäŋĄãĢつãĒがり、

『čŗĒ』ãĢこだわるæŽĩ階ãĢį§ģãŖãĻからも、
æēるぎãĒい土台をäŊœãŖãĻくれることは
į–‘いぎäŊ™åœ°ã‚‚ありぞせん。

įĩļ寞įš„ãĒ『量』は、
įĩļ寞įš„ãĒč‡ĒäŋĄã‚’å‰ĩりぞす。

čĒ°ãĢã‚‚č˛ ã‘ãĒいãģおぎ
『量』をこãĒした時、

はじめãĻ
『čŗĒ』ãĢこだわる扉が
開かれるぎではãĒいでしょうか。

だから、
断られた時こそ

「チãƒŖãƒŗ゚、チãƒŖãƒŗ゚」

ã€Œč‰¯ã„įĩŒé¨“をさせãĻもらãŖた」と
言葉ãĢå‡ēしぞしょう。

ã€Œč¨€č‘‰ãŽãĄã‹ã‚‰ã€ã‚’äŋĄã˜ãĻãƒģãƒģ

äģŠæ—Ĩも

たくさんぎäŊ“験、įĩŒé¨“をしぞしょう。

そしãĻ、
『čŗĒ』をéĢ˜ã‚ãĻいきぞしょう。

大丈å¤Ģīŧå¤§ä¸ˆå¤Ģīŧ

あらゆるį‚šã§

ä¸€åą¤č‰¯ããĒるãƒģãƒģ

åŋ…ãšč‰¯ããĒるãƒģãƒģ

ã€Œč‰¯ã‹ãŖたīŧã€

「ツイãĻるīŧãƒ„イãĻるīŧã€

「ありがとうīŧã€

į´ æ™´ã‚‰ã—いäģ˛é–“達と

å…ąãĢį”Ÿãīŧīŧ

å…ąãĢæ­Šãŋīŧīŧ

å…ąãĢæˆé•ˇã—ã‚ˆã†īŧīŧ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

いつもåŋƒãĢåˆģんで

いつもåŋƒãŽįœŸã‚“中ãĢįŊŽã„ãĻ

いつもそばãĢいãĻくれる

大切ãĒč¨€éœŠã•ã‚“ã§ã™īŧ

すずãĻはうぞくいãŖãĻいぞすīŧ

čĒ­ã‚“でいただいãĻ
ありがとうございぞす(*´◡`*)