💎 💎 💎 💎 💎 💎
🌟 īŧ•īŧ”č¨˜äē‹į›Ž 🌟
🌕 ã‚ŋイトãƒĢ 🌕
ごč‡Ēį”ąãĢおうぞ☆åŊĄ
💎 💎 💎 💎 💎 💎

イキイキとį”Ÿãã‚‹æ¯Žæ—ĨãĢ
ありがとうございぞす(īšĄË†á´—ˆīšĄ)

そんãĒæ—Ĩ々を過ごしたい
そんãĒį›ŽãŽå‰ãŽã‚ãĒたãĢ

į§ãŒåš¸ã›ãĒ望むäēēį”Ÿã‚’
手ãĢå…ĨれることãĢãĒãŖた

嚸せぎ教えぎ数々を
ごį´šäģ‹ã•ã›ãĻいただきぞすね☆

あãĒたぎ
嚸せを感じるåŋƒã‚’手ãĢå…Ĩれる

お手äŧã„がå‡ēæĨるäē‹ãŒ
とãĻもåŦ‰ã—いです☆

では

ぞず大前提とさせãĻ
いただくぎはãƒģãƒģ

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

č¨€č‘‰ã¯åŠ›ã§ã™

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

言葉äŊŋいは

č‡Ē分č‡ĒčēĢぎäēēį”ŸãŽäēˆå‘Šã¨ãĒるかぎようãĢ

明æ—Ĩぎč‡Ē分をつくりぞす。

あãĒたぎåŖからぎ
あãĒたぎæƒŗいからぎ

č¨€éœŠã¯

あãĒたがæœĒæĨãĢč¨€ã†ã“ã¨ãĢ
ãĒãŖãĻいるんですよ☆

だからこそįŦ‘éĄ”ã§

äģŠæ—Ĩも元気ãĢãĒã‚‹č¨€č‘‰ã‚’į™ēしãĻ

æĨŊしく愉åŋĢãĢすごしぞしょうâ™ŦīŊĄ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

『 æœŦæ—ĨãŽč¨€éœŠã‹ã‚‰ 』

äēē間はいつも

į„Ąã„もぎねだりãĒぎです。

そしãĻ
åŋƒã¯ã„つもæē€ãŸã•ã‚ŒãĒい思いで

ぎしぎしéŸŗをįĢ‹ãĻãĻいぞす。

æŦ˛æœ›ã¯ãģおãģおãĢ抑えぞしょう。

į€Ŧæˆ¸å†…å¯‚č´ã•ã‚“ãŽč¨€éœŠã§ã™(❁´∀`❁)

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

では
æœŦæ—Ĩぎ嚸せぎ教えです(❁´∀`❁)

『į›Žæ¨™ã‚’持とうãƒģãƒģ』

äģŠæ—Ĩも昨æ—Ĩと同じく、
į›Žæ¨™ã‚’持つことぎ大切さをå­Ļãŗたいと思いぞす。

īŧ‘īŧ™īŧ—īŧ™åš´ã€ãƒãƒŧバãƒŧド大å­Ļã§ã‚ã‚‹čˆˆå‘ŗæˇąã„åŽŸé¨“ãŒčĄŒãĒわれぞした。

å­Ļį”Ÿã‚’å¯žčąĄãĢ
į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいるかīŧŸ
おうかをčŗĒ問した。

そぎįĩæžœã¯ã€

īŧ‘īŧŽīŧ˜īŧ”īŧ…ぎå­Ļį”Ÿã¯ã€
į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいぞせんでした。

īŧ’īŧŽīŧ‘īŧ“īŧ…ぎå­Ļį”Ÿã¯ã€
į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいたがį´™ãĢは書いãĻいぞせんでした。

īŧ“īŧŽīŧ“īŧ…ぎå­Ļį”Ÿã¯
į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻ、
それをį´™ãĢ書いãĻいぞした。

つぞり、
į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいるå­Ļį”Ÿã¯ã€
たãŖたぎīŧ‘īŧ–īŧ…しかいãĒかãŖたぎです。

しかも、
į›Žæ¨™ã‚’į´™ãĢ書いãĻいるå­Ļį”Ÿã¨ãĒると、
たãŖたぎīŧ“īŧ…だけ。

それから、
īŧ‘īŧåš´åžŒãĢ
そぎ原験ãĢ参加した元å­Ļį”ŸãŸãĄã‚’čŋŊ补čĒŋæŸģしたįĩæžœãŒãƒģãƒģ

åŊ“時、į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいた
īŧ‘īŧ“īŧ…ぎåšŗ均嚴収は、
į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいãĒかãŖた
īŧ˜īŧ”īŧ…ぎäēēãŸãĄãŽ
į´„īŧ’倍でした。

そしãĻ、
さらãĢ銚くことは、
į›Žæ¨™ã‚’į´™ãĢ書いãĻいた
īŧ“īŧ…ぎäēē々ぎåšŗ均嚴収は、
掋りīŧ™īŧ—īŧ…ぎäēēãŸãĄãŽ
ãĒんとīŧ‘īŧå€ã ãŖたぎです。

こぎことは、
明įĸēãĒį›Žæ¨™ã‚’持つとことが
収å…ĨãĢ
大きãĒåˇŽãŒã¤ãã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚’
į§ãŸãĄãĢ教えãĻいるぎではãĒいでしょうか。

これは、
それäģĨ外ぎéĸでも大いãĢåŊ“ãĻはぞる数値であり、æŗ•å‰‡ãĒぎです。

äēēį”Ÿã¨ã„うぎは
æœŦåŊ“は小さãĒåˇŽã§ã—ã‹ãĒいぎです。

ããŽåˇŽã¨ã¯ã€

「į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいるか」

「į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいãĒいか」です。

成功したäēēãŸãĄã¯ã€ äģ–ぎäēēよりも、
ずãŖと大きãĒ才čƒŊがあãŖたわけではありぞせん。

äģ–ぎäēēよりも
常ãĢé•ˇæ™‚é–“ã€
働いãĻいるわけでもありぞせん。

äģ–ぎäēēよりも
čŗĸかãŖたわけでもありぞせん。

成功するかīŧŸ

成功しãĒいかīŧŸ
ãŽåˇŽã¯ã€

「į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいるか」

「į›Žæ¨™ã‚’持ãŖãĻいãĒいか」
ãŽåˇŽãĒぎです。

į§ãŸãĄãŽį›ŽãŽå‰ãĢ
大きãĒåąąãŒã‚ãŖたとしãĻも、
明įĸēãĒ地å›ŗさえあれば、
そぎ地å›ŗぎ通りãĢ進ãŋ、
į›Žįš„地ãĢ到į€ã™ã‚‹ãŽã¯æ™‚é–“ãŽå•éĄŒã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

しかし、
世ぎ多くぎäēēãŸãĄã¯åœ°å›ŗも持たずãĢ
åąąã‚’į™ģãŖãĻčŋˇå­ãĢãĒãŖãĻいるぎです。

æ­Ŗしい斚向を向いたã‚ŗãƒŗパ゚īŧˆæ˜ŽįĸēãĒį›Žæ¨™īŧ‰ã‚’手ãĢå…ĨれãĻ、

įĩŒæ¸ˆįš„ãĢも、
į˛žįĨžįš„ãĢも
成功しぞしょう。
おんãĒį›Žæ¨™ã‚’č¨­åŽšã™ã‚‹ã‹ãŠã†ã‹ã ã‘ã§ã€

į§ãŸãĄãŽäēēį”Ÿã¯
夊と地ãģおぎ
åˇŽãŒã§ã‚‹ãŽã§ã™ã€‚

だから、
į›Žįš„、į›Žæ¨™ã‚’
明įĸēãĢしぞしょう。

į›Žįš„、į›Žæ¨™ã‚’
į´™ãĢ書きぞしょう。

そしãĻ、
毎æ—Ĩ、大きãĒåŖ°ã§éŸŗčĒ­ã—ぞしょう。

ã€Œč¨€č‘‰ãŽãĄã‹ã‚‰ã€ã‚’äŋĄã˜ãĻãƒģãƒģ

äģŠæ—Ĩも、

大丈å¤Ģīŧå¤§ä¸ˆå¤Ģīŧ

あらゆるį‚šã§

ä¸€åą¤č‰¯ããĒるãƒģãƒģ

åŋ…ãšč‰¯ããĒるãƒģãƒģ

ã€Œč‰¯ã‹ãŖたīŧã€

「ツイãĻるīŧãƒ„イãĻるīŧã€

「ありがとうīŧã€

į´ æ™´ã‚‰ã—いäģ˛é–“達と

å…ąãĢį”Ÿãīŧīŧ

å…ąãĢæ­Šãŋīŧīŧ

å…ąãĢæˆé•ˇã—ã‚ˆã†īŧīŧ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

いつもåŋƒãĢåˆģんで

いつもåŋƒãŽįœŸã‚“中ãĢįŊŽã„ãĻ

いつもそばãĢいãĻくれる

大切ãĒč¨€éœŠã•ã‚“ã§ã™īŧ

すずãĻはうぞくいãŖãĻいぞすīŧ

čĒ­ã‚“でいただいãĻ
ありがとうございぞす(*´◡`*)