💎 💎 💎 💎 💎 💎
🌟 īŧ•īŧ’č¨˜äē‹į›Ž 🌟
🌕 ã‚ŋイトãƒĢ 🌕
ごč‡Ēį”ąãĢおうぞ☆åŊĄ
💎 💎 💎 💎 💎 💎

イキイキとį”Ÿãã‚‹æ¯Žæ—ĨãĢ
ありがとうございぞす(īšĄË†á´—ˆīšĄ)

そんãĒæ—Ĩ々を過ごしたい
そんãĒį›ŽãŽå‰ãŽã‚ãĒたãĢ

į§ãŒåš¸ã›ãĒ望むäēēį”Ÿã‚’
手ãĢå…ĨれることãĢãĒãŖた

嚸せぎ教えぎ数々を
ごį´šäģ‹ã•ã›ãĻいただきぞすね☆

あãĒたぎ
嚸せを感じるåŋƒã‚’手ãĢå…Ĩれる

お手äŧã„がå‡ēæĨるäē‹ãŒ
とãĻもåŦ‰ã—いです☆

では

ぞず大前提とさせãĻ
いただくぎはãƒģãƒģ

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

č¨€č‘‰ã¯åŠ›ã§ã™

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

言葉äŊŋいは

č‡Ē分č‡ĒčēĢぎäēēį”ŸãŽäēˆå‘Šã¨ãĒるかぎようãĢ

明æ—Ĩぎč‡Ē分をつくりぞす。

あãĒたぎåŖからぎ
あãĒたぎæƒŗいからぎ

č¨€éœŠã¯

あãĒたがæœĒæĨãĢč¨€ã†ã“ã¨ãĢ
ãĒãŖãĻいるんですよ☆

だからこそįŦ‘éĄ”ã§

äģŠæ—Ĩも元気ãĢãĒã‚‹č¨€č‘‰ã‚’į™ēしãĻ

æĨŊしく愉åŋĢãĢすごしぞしょうâ™ŦīŊĄ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

『 æœŦæ—ĨãŽč¨€éœŠã‹ã‚‰ 』

おんãĒæ‚˛ã—ãŋやč‹Ļしãŋも

åŋ…ずæ­ŗ月がį™’しãĻくれぞす。

そぎことをäēŦéƒŊでは

『æ—ĨãĢãĄč–Ŧīŧˆã˛ãĢãĄãã™ã‚Šīŧ‰ã€

とå‘ŧãŗぞす。

時間こそが
åŋƒãŽå‚ˇãŽåĻ™č–ŦãĒぎです。

į€Ŧæˆ¸å†…å¯‚č´ã•ã‚“ãŽč¨€éœŠã§ã™(❁´∀`❁)

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

では
æœŦæ—Ĩぎ嚸せぎ教えです(❁´∀`❁)

『パãƒŗドãƒŧナぎįŽąã€

ã‚ŧã‚Ļ゚ぎå‘Ŋäģ¤ã§ã€
鍛å†ļぎįĨžãŽãƒ˜ãƒ•ã‚Ąã‚¤ã‚šãƒˆã‚šã¯ã€
パãƒŗドãƒŧナというåĨŗをäŊœã‚Šãžã—た。

パãƒŗドãƒŧナがäēē間ぎ世į•Œã¸ä¸‹é™ã™ã‚‹ã¨ãã€
ã‚ŧã‚Ļ゚は一つぎįŽąã‚’授け、
「æąēしãĻ開いãĻはãĒらãĒい」とå‘Ŋじぞした。

しかし、
パãƒŗドãƒŧナは
ヘãƒĢãƒĄã‚šã‹ã‚‰č´ˆã‚‰ã‚ŒãŸåĨŊåĨ‡åŋƒãŽãŸã‚ãĢ、
「中をčĻ‹ãĻはいけãĒい」とå‘ŊじられたįŽąã‚’、
čĻ‹ãŸããĻ、čĻ‹ãŸããĻäģ•æ–šãĒく、
下降する途中で開けãĻしぞいぞした。

そぎįŽąãŽä¸­ãĢは、
「åŋƒé…ã€
ã€Œæ‚˛å“€ã€
ã€Œč˛§äšã€
「怒り」
「č‹Ļしãŋ」
「į–‘い」
「怒り」
「įĩļ望」ãĒおぎ

įĻīŧˆã‚ã–わいīŧ‰ãŒã€
閉じこめられãĻいたぎですがãƒģãƒģ

こぎ時ãĢ、
これらぎįĻãŒ
一åēĻãĢéŖ›ãŗå‡ēしãĻ、
「äēē間ぎ世į•Œã€ãĢ
æ‹Ąæ•ŖしãĻしぞãŖたぎです。

įĨžã€…ぎ世į•Œã§ã¯ã€
これらぎįĻãŒ
įŽąãŽä¸­ãĢ閉じčžŧめられたぞぞãĒぎで、
įĻãŒãĒく、
嚸įĻã§ã‚ã‚Šįļšã‘ãĻいるぎです。

ここでäēē間と、
įĨžã€…とぎ間ぎæ ŧåˇŽãŒã€
一åēĻãĢį”Ÿãžã‚Œå‡ēãĻしぞãŖたぎだそうです。

しかしãƒģãƒģ
įŽąãŽä¸­ãŽæœ€åžŒãĢ掋ãŖãĻいたぎは
『希望』でした。

そしãĻ、
これīŧˆå¸Œæœ›īŧ‰ã‚‚そぎ垌、
äēē間と一įˇ’ãĢį”Ÿæ´ģするようãĢãĒりぞした。

ですから、
äēē間は
おんãĒãĢ不嚸ãĢãĒãŖãĻも、
おんãĒįĻãĢあãŖãĻも、
ã€Žå¸Œæœ›ã€ã‚’æŒãĄįļšã‘ãĻ
į”ŸããĻいけるようãĢãĒãŖたぎだそうです。

これは、ゎãƒĒã‚ˇãƒŖįĨžčŠąã§ã™ã€‚

原はãƒģãƒģ
「åŋƒé…ã€
ã€Œæ‚˛å“€ã€
ã€Œč˛§äšã€
「怒り」
「č‹Ļしãŋ」
「į–‘い」
「怒り」
「įĩļ望」はãƒģãƒģ
こぎ世ãĢは
存在しãĒいぎです。

「åŋƒé…ã€
ã€Œæ‚˛å“€ã€
ã€Œč˛§äšã€
「怒り」
「č‹Ļしãŋ」
「į–‘い」
「怒り」
「įĩļ望」はãƒģãƒģ

ã€Œå¸Œæœ›ã€ã‚’å¤ąãŖた
äēē間ぎåŋƒãŽä¸­ãĢしかãĒいぎです。

ですからãƒģãƒģ
常ãĢ希望を持つことです。

å¸Œæœ›ã‚’æŒãĄįļšã‘ãĻいる間は

「åŋƒé…ã€
ã€Œæ‚˛å“€ã€
ã€Œč˛§äšã€
「怒り」
「č‹Ļしãŋ」
「į–‘い」
「怒り」
「įĩļ望」は、

そぎäēēぎåŋƒãƒģãƒģ
äēēį”ŸãĢãƒģãƒģ
å…Ĩりčžŧむäē‹ã¯
æąēしãĻīŧ
æąēしãĻīŧ
できãĒいぎです。

äēēį”ŸãĢはいろんãĒことがčĩˇã“りぞす。

äŋĄį”¨ã‚’å¤ąã†ãƒģãƒģ
ãŠé‡‘ã‚’å¤ąã†ãƒģãƒģ
å‹é”ã‚’å¤ąã†ãƒģãƒģ
åŽļæ—ã‚’å¤ąã†ãƒģãƒģ
手čļŗã‚’å¤ąã†ãƒģãƒģ
貥į”Ŗã‚’å¤ąã†ãƒģãƒģ
こともありぞすが

『å¤ĸ』と『希望』だけは
æąēしãĻīŧ
æąēしãĻīŧ
å¤ąã‚ãĒいことです。

äēēは
『å¤ĸã¨å¸Œæœ›ã€ã‚’å¤ąãŖた時ãĢæ­ģãŦぎですからãƒģãƒģ

äēēはおんãĒãĢお金があろうが
į”Ÿæ´ģがæē€ãŸã•ã‚ŒãĻいようが、
『å¤ĸã¨å¸Œæœ›ã€ã‚’å¤ąãŖた時ãĢ
æ­ģãŦぎです。

しかし、
äŊ•ã‚’å¤ąãŖãĻも
『å¤ĸ』と『希望』がある限り
äēēはį”Ÿãã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã§ã™ã€‚

だから、
äŊ•ãŒã‚ãŖãĻも

「明æ—Ĩã¯č‰¯ããĒるīŧīŧã€

「åŋ…ãšč‰¯ããĒるīŧīŧã€

とäŋĄã˜ãžã—ょう。

「į§ã¯åš¸ã›č€…」ぎ
č¨€č‘‰ã¨ã¨ã‚‚ãĢãƒģãƒģ

いつも、
åŋƒãĢãƒģãƒģ
å¤Ēé™Ŋīŧˆå¸Œæœ›īŧ‰ã‚’ãƒģãƒģ

唇ãĢ、
å¤ĸをãƒģãƒģ

ã€Œč¨€č‘‰ãŽãĄã‹ã‚‰ã€ã‚’äŋĄã˜ãĻãƒģãƒģ

ã‚Ļキã‚Ļキ、ワクワク
äģŠæ—Ĩã¨č¨€ã†ä¸€æ—ĨをæĨŊしãŋぞしょう。

大丈å¤Ģīŧå¤§ä¸ˆå¤Ģīŧ

あらゆるį‚šã§

ä¸€åą¤č‰¯ããĒるãƒģãƒģ

åŋ…ãšč‰¯ããĒるãƒģãƒģ

ã€Œč‰¯ã‹ãŖたīŧã€

「ツイãĻるīŧãƒ„イãĻるīŧã€

「ありがとうīŧã€

į´ æ™´ã‚‰ã—いäģ˛é–“達と

å…ąãĢį”Ÿãīŧīŧ

å…ąãĢæ­Šãŋīŧīŧ

å…ąãĢæˆé•ˇã—ã‚ˆã†īŧīŧ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

いつもåŋƒãĢåˆģんで

いつもåŋƒãŽįœŸã‚“中ãĢįŊŽã„ãĻ

いつもそばãĢいãĻくれる

大切ãĒč¨€éœŠã•ã‚“ã§ã™īŧ

すずãĻはうぞくいãŖãĻいぞすīŧ

čĒ­ã‚“でいただいãĻ
ありがとうございぞす(*´◡`*)