💎 💎 💎 💎 💎 💎
🌟 īŧ”īŧ™č¨˜äē‹į›Ž 🌟
🌕 ã‚ŋイトãƒĢ 🌕
ごč‡Ēį”ąãĢおうぞ☆åŊĄ
💎 💎 💎 💎 💎 💎

イキイキとį”Ÿãã‚‹æ¯Žæ—ĨãĢ
ありがとうございぞす(īšĄË†á´—ˆīšĄ)

そんãĒæ—Ĩ々を過ごしたい
そんãĒį›ŽãŽå‰ãŽã‚ãĒたãĢ

į§ãŒåš¸ã›ãĒ望むäēēį”Ÿã‚’
手ãĢå…ĨれることãĢãĒãŖた

嚸せぎ教えぎ数々を
ごį´šäģ‹ã•ã›ãĻいただきぞすね☆

あãĒたぎ
嚸せを感じるåŋƒã‚’手ãĢå…Ĩれる

お手äŧã„がå‡ēæĨるäē‹ãŒ
とãĻもåŦ‰ã—いです☆

では

ぞず大前提とさせãĻ
いただくぎはãƒģãƒģ

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

č¨€č‘‰ã¯åŠ›ã§ã™

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

言葉äŊŋいは

č‡Ē分č‡ĒčēĢぎäēēį”ŸãŽäēˆå‘Šã¨ãĒるかぎようãĢ

明æ—Ĩぎč‡Ē分をつくりぞす。

あãĒたぎåŖからぎ
あãĒたぎæƒŗいからぎ

č¨€éœŠã¯

あãĒたがæœĒæĨãĢč¨€ã†ã“ã¨ãĢ
ãĒãŖãĻいるんですよ☆

だからこそįŦ‘éĄ”ã§

äģŠæ—Ĩも元気ãĢãĒã‚‹č¨€č‘‰ã‚’į™ēしãĻ

æĨŊしく愉åŋĢãĢすごしぞしょうâ™ŦīŊĄ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

『 æœŦæ—ĨãŽč¨€éœŠã‹ã‚‰ 』

äēē間としãĻį”Ÿãžã‚Œã‚‹ã¨

äģ–ぎ動į‰ŠãĢはãĒい
čĒ‡ã‚ŠãŒåŋƒãĢį”Ÿã˜ã‚‹ãŽã ã¨æ€ã„ぞす。

å­Ļæ ĄãŽæˆį¸žã‚ˆã‚Š

äģ–č€…ãŽč‹Ļしãŋを思いやれる

æƒŗ像力ぎあるäēē間こそ

į´ æ™´ã‚‰ã—いぎです。

į€Ŧæˆ¸å†…å¯‚č´ã•ã‚“ãŽč¨€éœŠã§ã™(❁´∀`❁)

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

では
æœŦæ—Ĩぎ嚸せぎ教えです(❁´∀`❁)

『åĨŊきãĢãĒろうãƒģãƒģ』

「これをįŸĨã‚‹č€…ãƒģãƒģ、
これをåĨŊã‚€č€…ãĢしかず」

「これをåĨŊã‚€č€…ãƒģãƒģ、
これをæĨŊã—ã‚€č€…ãĢしかず」
īŧˆčĢ–čĒžã‚ˆã‚Šīŧ‰

「įŸĨãŖãĻいぞすīŧã€
というį¨‹åēĻぎäēēはãƒģãƒģ
「これがåĨŊきだīŧã€
というäēēãĢはかãĒわず、

「これがåĨŊきだīŧã€
とやãŖãĻいるäēēはãƒģãƒģ
「もうこれがæĨŊしくãĻæĨŊしくãĻしょうがãĒい」
というäēēãĢはかãĒわãĒい、
という意å‘ŗです。

「įžŠį†ã‚„įžŠå‹™æ„Ÿã§ã‚„ãŖãĻいるäēēは、

åĨŊきでãƒģãƒģ
æĨŊしんでãƒģãƒģ
やãŖãĻいるäēēãĢはかãĒわãĒいんだよ」

と孔子は
äēŒåƒåš´ã‚‚前ãĢ言ãŖãĻいたぎです。

イチロãƒŧ選手はæŦĄã€…ã¨å¤§č¨˜éŒ˛ã‚’åĄ—ã‚Šã‹ãˆãĻいきぞすが
åŊŧはぞさしくīŧœ
野įƒãŒå¤§åĨŊきで
æĨŊしくãĻ、æĨŊしくãĻäģ•æ–šãŒãĒいそうです。

åŊŧは
「野įƒã§åŽļ族とぎ時間もろくãĢ取れãĒかãŖた。
č‡Ēåˆ†ãŽč¨˜éŒ˛ã¯ã€
そういうåŽļ族ぎįŠ į‰˛ãŽå…ƒãĢ成りįĢ‹ãŖãĻいるぎでãƒģãƒģ」

ã€Œã“ãŽč¨˜éŒ˛ã¯åŽļæ—ã¨å‹ãĄåž—ãŸã‚‚ãŽã ã€ã¨čĒžãŖãĻいぞす。

一æĩãŽæ–šã¯ãƒģãƒģ
ã€ŒčŠąã™č¨€č‘‰ã‚„å†…åŽšã€ã‚‚ã€
やはり「一æĩã€ã§ã™ã­ã€‚

大切ãĒぎは
一æĩãŽæ–šã¯

ã€Œåãč¨€č‘‰ãŒä¸€æĩã ãŖたから一æĩãĢãĒれた」
ぎであãŖãĻ、

「一æĩã ã‹ã‚‰ä¸€æĩãŽč¨€č‘‰ã‚’吐けるようãĢãĒãŖた」
ぎではãĒいぎです。

「åĨŊき」ãĢãĒãŖãĻãƒģãƒģ
「一æĩã€ãĢãĒるãƒģãƒģ!!

そぎ「ã‚ŗツ」はãƒģãƒģīŧŸīŧ

それはãƒģãƒģ
「į°Ąå˜ã€ã§ã™ã€‚

「į§ã¯ãƒģãƒģ」
「○○がだīŊžã„すき!!」とãƒģãƒģ
常ãĢ言ãŖãĻいればよいぎです。

「常ãĢ」です。

「į°Ąå˜ã€ã§ã™ã‚ˆã­ã€‚

ためしãĢ、
åĢŒã„ãĒäēēを
毎æ—Ĩãƒģãƒģ
「原はãƒģãƒģ○○さんぎことãƒģãƒģ」
「大åĨŊきīŧīŧã€
ã¨å˜˜ã§ã‚‚č‰¯ã„ã§ã™ã‹ã‚‰
č¨€ã„įļšã‘ãĻãŋãĻ下さい。

åŋ…ずãƒģãƒģ
「åĨŊき」ãĢãĒãŖãĻいるはずです。

だから、
先ずは
「åĨŊき」ãĢãĒろうīŧ

å¤ĸ中ãĢãĒれるもぎをæŽĸそうīŧ

æĨŊしめるもぎをčĻ‹ã¤ã‘ようīŧ

čĻ‹ã¤ã‹ã‚‰ãĒければãƒģãƒģ
č‡Ē分ぎ選んだ道をãƒģãƒģ
č‡Ē分ぎį›ŽåˇŽã™ã‚‚ぎをãƒģãƒģ

「åĨŊきだīŧã€ã¨åĢãŧうīŧīŧ

åĢãŗįļšã‘ようīŧīŧ

「æĨŊしいīŧæĨŊしいīŧã€ã¨č¨€č‘‰ãĢしようīŧ

「æĨŊしさこそがãƒģãƒģ」

č‡Ē分を向上させる
最上ぎ斚æŗ•ãĒãŽã ã¨č¨€ã†ã“ã¨ã‚’įŸĨりぞしょう。

「į§ã¯į§ãŒ
選んだäģ•äē‹ãŒãƒģãƒģ、

歊んでいるäēēį”ŸãŒãƒģãƒģ
大åĨŊきīŧīŧ

だから、
į§ã¯æ¯Žæ—ĨがæĨŊしくãĻ、æĨŊしくãĻしかたãĒいですīŧīŧã€

ã€Œč¨€č‘‰ãŽãĄã‹ã‚‰ã€ã‚’äŋĄã˜ãĻãƒģãƒģ

äģŠæ—Ĩを思い切り、æĨŊしãŋぞしょう。

大丈å¤Ģīŧå¤§ä¸ˆå¤Ģīŧ

あらゆるį‚šã§

ä¸€åą¤č‰¯ããĒるãƒģãƒģ

åŋ…ãšč‰¯ããĒるãƒģãƒģ

ã€Œč‰¯ã‹ãŖたīŧã€

「ツイãĻるīŧãƒ„イãĻるīŧã€

「ありがとうīŧã€

į´ æ™´ã‚‰ã—いäģ˛é–“達と

å…ąãĢį”Ÿãīŧīŧ

å…ąãĢæ­Šãŋīŧīŧ

å…ąãĢæˆé•ˇã—ã‚ˆã†īŧīŧ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

いつもåŋƒãĢåˆģんで

いつもåŋƒãŽįœŸã‚“中ãĢįŊŽã„ãĻ

いつもそばãĢいãĻくれる

大切ãĒč¨€éœŠã•ã‚“ã§ã™īŧ

すずãĻはうぞくいãŖãĻいぞすīŧ

čĒ­ã‚“でいただいãĻ
ありがとうございぞす(*´◡`*)