💎 💎 💎 💎 💎 💎
🌟 īŧ”īŧ—č¨˜äē‹į›Ž 🌟
🌕 ã‚ŋイトãƒĢ 🌕
ごč‡Ēį”ąãĢおうぞ☆åŊĄ
💎 💎 💎 💎 💎 💎

イキイキとį”Ÿãã‚‹æ¯Žæ—ĨãĢ
ありがとうございぞす(īšĄË†á´—ˆīšĄ)

そんãĒæ—Ĩ々を過ごしたい
そんãĒį›ŽãŽå‰ãŽã‚ãĒたãĢ

į§ãŒåš¸ã›ãĒ望むäēēį”Ÿã‚’
手ãĢå…ĨれることãĢãĒãŖた

嚸せぎ教えぎ数々を
ごį´šäģ‹ã•ã›ãĻいただきぞすね☆

あãĒたぎ
嚸せを感じるåŋƒã‚’手ãĢå…Ĩれる

お手äŧã„がå‡ēæĨるäē‹ãŒ
とãĻもåŦ‰ã—いです☆

では

ぞず大前提とさせãĻ
いただくぎはãƒģãƒģ

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

č¨€č‘‰ã¯åŠ›ã§ã™

īŊĄ.:*●*:.īŊĄ..īŊĄ.:*○*:.īŊĄ

言葉äŊŋいは

č‡Ē分č‡ĒčēĢぎäēēį”ŸãŽäēˆå‘Šã¨ãĒるかぎようãĢ

明æ—Ĩぎč‡Ē分をつくりぞす。

あãĒたぎåŖからぎ
あãĒたぎæƒŗいからぎ

č¨€éœŠã¯

あãĒたがæœĒæĨãĢč¨€ã†ã“ã¨ãĢ
ãĒãŖãĻいるんですよ☆

だからこそįŦ‘éĄ”ã§

äģŠæ—Ĩも元気ãĢãĒã‚‹č¨€č‘‰ã‚’į™ēしãĻ

æĨŊしく愉åŋĢãĢすごしぞしょうâ™ŦīŊĄ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

『 æœŦæ—ĨãŽč¨€éœŠã‹ã‚‰ 』

大æŠĩぎäēē間はč‡Ē分æœŦäŊã§ã™ã€‚

į‰šãĢåĨŗ性は

č‡Ē分中åŋƒãĢ
地įƒãŒåģģãŖãĻいると思ãŖãĻいãĻ

思い通りãĢãĒらãĒいįžåŽŸãĢ
č…šã‚’įĢ‹ãĻãĻ愚į—´ã°ã‹ã‚Šč¨€ã†ãŽã§ã™ã€‚

思いåŊ“たることはありぞせんか。

į€Ŧæˆ¸å†…å¯‚č´ã•ã‚“ãŽč¨€éœŠã§ã™(❁´∀`❁)

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

では
æœŦæ—Ĩぎ嚸せぎ教えです(❁´∀`❁)

『īŧ‘īŧīŧīŧ…嚸せãĒīŧ‘īŧ…ぎäēē々と

īŧ‘īŧīŧīŧ…不嚸せãĒīŧ™īŧ™īŧ…ぎäēē々』

æĩˇãŽä¸­ã§į”Ÿãžã‚Œč‚˛ãŖた魚は
「æĩˇãŽå¤–」ぎ存在をįŸĨりぞせん。

「æĩˇãŽå¤–」をįŸĨりたくãĒãŖた魚は、
é‡Ŗりäēēぎ餌ãĢéŖŸã„ついãĻ
é‡Ŗり上げられることãĢしぞした。

そしãĻついãĢ、
魚は「æĩˇãŽå¤–」をčĻ‹ã‚‹ã“とができたぎです。

しかし、
そぎかわり息ができずとãĻもč‹Ļしãŋぞした。

これを
一čˆŦįš„ãĒå‡ēæĨäē‹ãĢ䞋えるãĒらば、

魚は
「į§ãŸãĄã€ã€
吊り上げたäēēは
「įĨžæ§˜ã€ã€
é‡Ŗり上げられč‹ĻしいįŠļ態が
「įŊé›Ŗ」ãĒぎです。

原はäŊ•æ°—ãĒく暎らしãĻいた「æĩˇã€ã¯ã€
į§ãŸãĄãŽ
「晎æŽĩぎ嚸せ」そぎもぎでした。

「嚸せを下さい」とåŋĩじたとき、

įĨžæ§˜ã¯
「äģŠãŒåš¸ã›ãĒäē‹ãĒぎか」をčĻ‹ã›ã‚‹ãŸã‚ã€

「įŊé›Ŗやį—…気やトナブãƒĢ」をčĒ˜ã†ãã†ã§ã™ã€‚

これは
æąēしãĻ意地æ‚ĒではãĒく、
「æĩˇãŽä¸­ãĢいることが
おれだけ嚸せãĒことだãŖたぎか」を
「čĒč­˜ã€ã™ã‚‹ã“とができるようãĢするためです。

おんãĒãĢ「嚸せ」でも
「嚸せ」と思えãĒい
「īŧ™īŧ™īŧ…」ぎäēēãŸãĄã¨

いつでも、
äŊ•ãŒã‚ãŖãĻも
「嚸せ」だとčĒč­˜ã§ãã‚‹
「īŧ‘īŧ…」ぎäēēãŸãĄã€‚

こぎäēēãŸãĄãŒ
ã€Œã“ã“ã‚čąŠã‹ã€ã§ã€
「嚸せãĒäēēį”Ÿã€ã‚’送るぎです。

そしãĻ、
そぎīŧ‘īŧ…ぎäēēãŸãĄã¯

į›ŽãŽå‰ãŽ
「すずãĻを受けå…Ĩれ」

「すずãĻãĢ感čŦã™ã‚‹ã€
ことぎできるäēēãŸãĄãĒぎです。

「äģŠãžã§ãŒ
ãƒĄãƒãƒŖクチãƒŖ嚸せ」で、

「äģŠã‚‚
ãƒĄãƒãƒŖクチãƒŖ嚸せ」とčĒč­˜ã§ãã‚‹äēēが

「æœĒæĨも
ãƒĄãƒãƒŖクチãƒŖ嚸せ」ãĢãĒれるäēēãĒぎです。

こぎ、
į›ŽãŽå‰ãŽã€Œåš¸ã›ã€ã‚’
čĒč­˜ã§ãã‚‹ã€ŒčƒŊ力」を埚うもぎが

ã€Œč¨€č‘‰ã€ãĒぎです。

だから、
いつも、

全ãĻãĢãƒģãƒģ
「ありがとう」

そしãĻ、
「į§ã¯åš¸ã›č€…īŧīŧã€

äģŠæ—Ĩも、

ã€Œč¨€č‘‰ãŽãĄã‹ã‚‰ã€ã‚’äŋĄã˜ãĻãƒģãƒģ

「嚸せãĒ一æ—Ĩ」を
過ごしぞしょう。

「嚸せãĒäēēį”Ÿã€ã‚’
送りぞしょう。

大丈å¤Ģīŧå¤§ä¸ˆå¤Ģīŧ

あらゆるį‚šã§

ä¸€åą¤č‰¯ããĒるãƒģãƒģ

åŋ…ãšč‰¯ããĒるãƒģãƒģ

ã€Œč‰¯ã‹ãŖたīŧã€

「ツイãĻるīŧãƒ„イãĻるīŧã€

「ありがとうīŧã€

į´ æ™´ã‚‰ã—いäģ˛é–“達と

å…ąãĢį”Ÿãīŧīŧ

å…ąãĢæ­Šãŋīŧīŧ

å…ąãĢæˆé•ˇã—ã‚ˆã†īŧīŧ

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

いつもåŋƒãĢåˆģんで

いつもåŋƒãŽįœŸã‚“中ãĢįŊŽã„ãĻ

いつもそばãĢいãĻくれる

大切ãĒč¨€éœŠã•ã‚“ã§ã™īŧ

すずãĻはうぞくいãŖãĻいぞすīŧ

čĒ­ã‚“でいただいãĻ
ありがとうございぞす(*´◡`*)