私が幸せな望む人生を
手に入れることになった

幸せの教えの数々を
ご紹介させていただきますね☆

あなたの
幸せを感じる心を手に入れる

お手伝いが出来る事が
とても嬉しいです☆

では

まず大前提とさせて
いただくのは・・

『言葉は力です』

言葉使いは

自分自身の人生の予告となるかのように

明日の自分をつくります。

あなたの口から
あなたの想いから

今日も元気になる言葉を発して

楽しく愉快にすごしましょう♬。

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

『 本日の言霊から 』

老人も中年も若者も

自分たちが一番正しいという

誤った自信を捨て

無垢(むく)な感性を取り戻し

自分をもっと柔軟にしていけば

滑(なめ)らかな
人間関係が生まれてくるはずです。

瀬戸内寂聴さんの言霊です(❁´∀`❁)

無垢で無邪氣で
まっすぐな眼の感性

とても大切に感じます(^_-)-☆

まずは
鏡に映る自分から

始めますね♬。.

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

では
本日の幸せの教えです(❁´∀`❁)

今日は
日本のこんな「怪談?!」をご紹介致します。

༅྿࿇྿࿔࿒࿇྿࿔࿒࿇྿࿔࿒࿇༅྿࿇

怪談:

牡丹灯籠(ぼたんどうろう)

༅྿࿇྿࿔࿒࿇྿࿔࿒࿇྿࿔࿒࿇༅྿࿇

あるお姫様が浪人に恋をしますが
病死をしてしまします。

お姫様は夜な夜な
幽霊となって浪人に会いに来ます。

「開けてください・・」
「お侍さん・・」
「開けて・・」

浪人が近くの寺のお坊さんに相談すると

「お札を戸に貼り・・」

「朝が来るまでお経を唱えろ」

「決して戸を開けてはいけない」

と教えてくれました。

ある夜、またお姫様が現れ戸を叩き言います。

「開けてください・・お侍様・・」

しかし、
お姫様は戸に張ってある「お札」と侍の「お経」で入れません。

侍は恐怖に怯えながらお経を唱え続けます。

すると・・

「コケコッコウ~」

鶏の声が聞こえます。

「ああ・・助かった・・」と
侍は戸を開けると・・

「ああ・・お侍様・・」

「会いたかった・・」と
お姫様が立っていたのです。

きっと会いたくて
仕方がなっかたお姫様が

「魔力」を使って鶏の声を聞かせたのでしょう。

戸からはお札が剥がれ
お経を止めた侍はお姫様と共に魔界へと旅立ちます。

昨日の続き・・
『志』の守り方

「お経」と「お札」です。

お経とは・・
「夢」、「志」を
「語り続ける」こと!!

お札とは・・
「夢」、「志」を
(一番目立つところに)
「書いて張っておく!!」こと!!

そうしなければ人の心には

「魔」が差し

「夢」や「志」を
「奪ってしまう」のです。

「お経」と「お札」で
「夢」と「志」を守ろう!!

ଘ♡ଓ*:゚+。.໒°*。

とても大切な
教えですよね。

ଘ♡ଓ*:゚+。.໒°*。

あなたが書き記したその紙が

あなたの未来を決める設計図。

どんな人生になるかは
この設計図次第なのだから。

大事に書こう!

真剣に書こう!

大切にしよう!

お互いにその設計図を
宝にしましょう☆彡

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

いつも心に刻んで

いつも心の真ん中に置いて

いつもそばにいてくれる

大切な言霊さんです!

すべてはうまくいっています!

読んでいただいて
ありがとうございます(*´◡`*)